ダイレクトマーケティング事業

ポジネガ調査

動画視聴中の感情(ココロ)を1秒ごとに計測。

ポジネガ調査は番組の視聴中に発生する微妙な感情や購入意欲を数量化するインターネット調査です。動画をウェブ上で見てもらいながら、クリック操作により1秒単位でポジティブ/ネガティブ反応の発生を計測していきます。視聴後には、アンケート調査にてさらに感情を深堀りして、購買に影響を与えた要素を洗い出します。

こんなお悩みに!

  • クリエイティブのどこが良いのか、どこが悪いのかを知りたい。
  • 経験と勘を結集して制作したのにレスポンスがいまいち。
  • オンエア開始直後は良かったけど、だんだん疲弊してきた。
  • 長尺の素材から短尺を作りたい。
  • 完パケ前に、どの出演者のどのコメントを採用したら良いのか知りたい。

サービス内容

調査分析

【課題】レスポンスが悪い。どこを改稿したらよいか?

好感度の変化より改稿ポイントになりうるシーンを選定。事後調査の結果と併せ、改稿内容を決定。 ポジティブシーンを尺長、ネガティブシーンのカットの結果、レスポンスが向上し、効率が良くなった。

調査結果

視聴中の感情は、「出演者A」のシーンでポジティブ評価が多いが、「出演者B」のシーンでネガティブ評価が多い。 視聴後の質問でも、 「CMの印象が良くなった」が「出演者A」が80.0%、「出演者B」は32.0%と、好感度の変化の結果を裏付ける結果を得られた。

調査結果

矢印

改稿

出演者シーン

矢印

結果

出演者シーン